不動産投資における失敗の本質はたったの3つしかないという事実。

こんにちは。草食系大家の中村ひろきです!

今まで扱ったことのない大金にビビってしまう人が多い不動産投資の世界ですが・・・

実は、このブログを購読している時点であなたは「99%失敗しない」と断言できます。

そのカラクリは、のちほどお伝えします。

 

そもそも「不動産投資の失敗」ってなんだ?

そもそも不動産投資における「失敗」ってなんでしょう。

どうしてあなたはこの記事にたどり着いたのでしょうか?

不動産投資における失敗談をたくさん知っておきたかったから?

大損をしないためにはどんなリスク回避方法があるか知りたかったから?

・・・ここで少し真実をぶちまけちゃいましょう。

「不動産投資 失敗」と検索するほど慎重な人は、不動産投資で失敗することはまずあり得ません。

なぜなら、不動産投資で再起不能に陥った人達はみな、結局のところ勉強不足が原因だからなんですよ。

一口に「勉強不足」といわれてもイマイチつかめないと思うので、その本質を大きく3つに分けて解説します。

 

不動産投資の失敗その1:他人に任せきりにする

不動産投資したい人をカモにするビジネスって、ものすごい儲かるんですよ。

なぜなら、業者と客の知識量の差がエゲツなくて、利益率がとてつもなく高いから。

そこにつけこんで荒稼ぎする輩は星の数ほど存在します。

彼らが言いたいことはたった一つ。

悪徳業者
イチから勉強するのは大変だから、私どもにお任せくださいませ!

コレだけです(笑)

悪徳不動産コンサルに引っかかる原因は「ラクしたい」という気持ちから生まれます。

 

ハイ、ここで問題です。

最初からラクして家賃収入を得たい人がこのブログを熟読するでしょうか?

・・・しないですよね。

悪徳不動産コンサルにカモにされる大部分は、だいたいこの属性です。

  • 医者や弁護士
  • 一流企業のサラリーマン
  • 節税目的の老夫婦

社会的信用のある人ほど、営業マンの話に言われるがままにクソ物件を買ってしまうのです。

例えば、営業マンはこんなセールストークを仕掛けてきます。

悪徳業者
この物件を買うと、月々2万の赤字ですが節税対策になりますよ!

いくら節税対策になろうとも、家賃収入どころか毎月ポケットからお金が抜き取られる物件なんて問題外ですよね。

「ラクしたい」という気持ちもわかりますが、まず第一に基礎知識を身につけることを忘れてはいけません。

 

不動産投資の失敗その2:未来を予測する

段落のタイトルを見て、こうに思った人がいるかもしれません。

初心者
え、未来を予測しちゃダメなの?

ズバリお答えしましょう。ザックリとした予測は必要です。

沖縄に物件を買うなら「台風来るかもしれないな」という予測は必要だし、伊豆に物件を買うなら「地震来るかもしれないな」という予測は必要でしょう。

でも、未来の金利や土地価格の動向なんて、正直誰にもわからないんですよね。

例えば。イケイケの営業マンはこんなセールストークをしてきます。

悪徳業者
東京五輪までは土地価格は上昇するでしょう。

そんなことを言われたら、ぼくはニコニコしながらこう答えちゃいます。

ひろき
それなら、あなたが買えば大金持ちですね!

 

誤解されがちですが、不動産投資のプロは「未来予測ができる人」ではありません。

本当のプロは「未来がどう転んでもダンドリができている人」です。

不動産投資のメリットは、日本が滅びるほどの天変地異が起こらない限り、いろんな保険や保証で守りを固められる点。

「未来なんて予測できない」を大前提とした上で守りを固めることが、不動産投資最大のリスクヘッジになるのです。

 

不動産投資の失敗その3:木を見て森を見ず

コレは地道に勉強を重ねている大家が唯一陥りやすいパターン。

言い換えれば「物件をいろんな角度から客観的に眺める」という視点が欠けていたゆえに起こる失敗です。

ちょっと下を見てください。

不動産投資って、たった一つの物件でも多くの要素から成り立ってるんですよ。

  • 駅から近いか遠いか
  • 利回りは高いか低いか
  • 木造か鉄筋コンクリートか
  • 近くにスーパーはあるか
  • 部屋数はいくつあるか
  • 間取りはヘンじゃないか
  • 駐車場は停めやすいか
  • どんなリフォームは必要か
  • 近隣に迷惑住民はいないか
  • 日当たりはいいか
  • シロアリや雨漏りはないか
  • 借りてくれる人はいるか
  • いらなくなったら売れるか
  • 子育てに適した環境なのか
  • 銀行はお金を貸してくれるか

物件を買うときは、これらの要素を総合的に見て判断する必要があるのです。

で・す・が

実はこのパターンの失敗って、上の2つのパターンと明らかに異なる点があります。

上の2つのパターン「他人任せにする」「未来を予測する」が地道に勉強すれば防げるのに対し、この「木を見て森を見ず」という失敗は、どんなに勉強していても起こりうる失敗です。

つまり、このパターンの失敗をするおかげで、不動産投資家としての経験値が上がっていくのです。

とすれば、もはやこのパターンを「失敗」と捉えるかどうかは本人次第なんですよ。

例えば、サッカーでシュートを外しただけで「サッカーなんてやらなきゃよかった」なんて思わないじゃないですか。

むしろ「シュートは100%入るとは限らないからこそオモシロイ」と思うモノでしょう。

不動産投資も一緒です。

薄っぺらい大家にならないためにこそ、小さな失敗を積み重ねなくてはいけません。

 

不動産投資をはじめた当初のぼくの失敗

ぼくはあえて失敗するために、1軒目にして「傾き/シロアリ/雨漏り」の三重苦物件を買いました(笑)

この物件さえ乗り越えれば、たいていの物件はイケる自信がつくだろうなと思ったのです。

その結果、リフォーム業者さんとの攻防を経て、全てを経験値に変えることができました。

エジソンの言葉を借りれば「失敗は、そのやり方ではダメだという発見である」なんですよね。

というわけで、ぼく、今のところネタにできる失敗はございません!スミマセン!

 

ズバリ不動産投資で失敗しないためには?

不動産投資で失敗しないために物件未所有者がすべきことは「多方面から情報を収集すること」です。

たった1軒だけ物件を買うとしても、

  • 買主(自分)
  • 売主
  • 司法書士
  • ライバル投資家
  • 不動産売買業者
  • 不動産仲介業者
  • リフォーム業者

など、たくさんの業者と接する機会があります。

それぞれの業者がどう関わっているか知るためには、多方面から情報を収集することが何よりの練習になります。

まずは、書籍で最低限の知識を得ること。

1,500円前後で著者の経験を吸収できる書籍は、コスパ最強のインプットツールです。

今までぼくが読んだ本のおすすめは、こちらにまとめましたので参考にしてください。

不動産投資本を60冊以上読んだ私がおすすめする超入門書ベスト5

2016.12.01

 

そして、いろんなセミナーに参加すること。

講師に直接質問できたり、不動産投資仲間ができたり、セミナーにしかないメリットはたくさんあります。

仕事が忙しくてセミナーに行くのが難しければ、不動産業者から無料でもらえる資料を集めてみること。

一棟モノに強い業者はアイケンジャパンプロパティエージェント、区分マンションならRenosy(リノシー)が資料を配布中。

これらの資料は、業者によって違う「実績」「入居率」などを比較研究できる必須ツール。

書籍やDVDもついてくるので、勉強初期の情報収集には欠かすことができません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

「食品添加物」「放射線物質」など、ヒトは目に見えないものに強い恐怖を感じる動物です。

不動産投資は、勉強すればするほど解像度が上がり、だんだんと恐怖感がなくなっていきます。

業者にお任せしたいという人も、まずは上記方法で最低限の知識をインプットしてください。

それが遠回りのように思えて、失敗の少ない近道となるに違いありません。

そいではまたー!

The following two tabs change content below.

中村ひろき


草食系大家としてゆるゆると家賃収入を稼ぎながら、離島などの秘境へ出張治療しています。「好きも嫌いも我慢しないライフスタイル」をモットーに、大好きな戸建て投資で遊び倒します。
個人ブログ『TraveLife』も運営中!

名古屋生まれ那覇育ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人


草食系大家としてゆるゆると家賃収入を稼ぎながら、離島などの秘境へ出張治療しています。「好きも嫌いも我慢しないライフスタイル」をモットーに、大好きな戸建て投資で遊び倒します。
個人ブログ『TraveLife』も運営中!

名古屋生まれ那覇育ち。