不動産投資に役立つ資格を3つ挙げた上でその必要性をぶっちゃける

こんにちは。草食系大家の中村ひろきです!

不動産に関連する資格っていろいろありますよね。

  • 宅地建物取引士
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • マンション管理士
  • 不動産鑑定士
  • 不動産仲介士
  • ホームインスペクター
  • 住宅販売士
  • 土地家屋調査士

などなど。

しかし、ぼくは結論から言えば不動産投資において資格は不要だと思っています。

なぜなら、家賃収入を得るために、知識や用語に詳しくなりすぎる必要はないから。

・・・という説明だけでは不十分なので、無資格で年間150万以上の家賃収入を得るぼくが解説します。

 

不動産投資をする上で資格は必要なのか?

繰り返しますが、ぼくが不動産投資において「資格は不要」だと考えています。

その理由を3つ挙げていきましょう。

 

1.「役立つ」と「必要」は全く別物

不動産投資をするにあたって、どんな資格を取っても少なからず役立つに違いありません。

でも、「役立つ=必要」とは限らないんですよね。

クローゼットの中で忘れられているコートも、押入れの奥にあるクッキーの空缶も、役立つだろうけど不要じゃないですか。

常に数着の服しかないミニマリストのぼくには、いつ役立つのかイメージできない資格を取る必要性を感じません。

実際、ぼくは家賃収入を得ている今もこう思ったことは一度もないですよ。

ひろき
チキショー!あの資格さえ持っていれば・・・!

 

2.サッカーの監督にシュート力は要らない

ぼくは不動産投資をするにあたって、宅建やFPの知識が不要とは言ってません。

それらの知識は場合によっちゃ必要だけども、わざわざライセンスをもらう必要はないと言いたいのです。

じゃあ、知識が必要なときはどうするか。

その資格を持っている専門家に聞けばいいだけなんですよね。

不動産投資家は、例えていえばサッカーチームの監督。

サッカーの監督に必要なのは全体の統率であって、シュート力やパスセンスではないのです。

不動産投資を一人でやろうとすると間違いなくモチベーションが続かず破綻するので、不得意分野はうまく他人に任せる仕組みを作ったほうが断然良いです。

ひろき
自営業の人は「一人でなんでもやろうとする」タイプが多いんだよなぁ。

 

3.取得コスパが悪すぎる

不動産投資に資格は必要か?という議題で必ず出てくるのが取って損はないというフレーズ。

そんなことを言い出したら、不動産投資のために英検1級の資格を取っても別に「損はない」ですよね。

このフレーズの落とし穴は、その資格を取得するまでに浪費するお金と時間に関して全く触れていないこと。

宅建の資格取得までにかかる時間があれば、余裕で50軒は物件下見できますよ。

不動産投資においては、知識ばかりで頭でっかちになるよりも、現場に足を運んでカラダで覚える感覚の方が大事。

そして、現場で疑問に感じた点だけをピンポイントで専門家に聞いた方が、圧倒的に早いです。

 

不動産投資家は資格とどう付き合えばいいのか?

繰り返しますが、不動産投資家は資格を取得する必要はありません。

しかし、その代わりどの資格者がどんな知識を持っているのか知っておく必要は大いにあります。

初心者
屋根を修理したいけど、誰に助けを求めたらいいのかわからない!

・・・という状態では話にならないですからね。

そこで、不動産関係の資格保持者がどんな特徴を持っているのかサッとおさらいしましょう。

 

資格その1:宅建(宅地建物取引士)

不動産取引に関する専門知識をもった専門家ですね。

不動産業者を営んでいる人はもれなく持っている資格なので、取引に関してわからないことがあれば頼りましょう。

実は、宅建士にしかできない業務(=独占業務)があります。

  • 物件に関する重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 契約書への押印

「重要事項説明書」や「契約書」は、売買契約時に取り交わす書類ですね。

その書類に記名や押印を行うのが、宅建士の独占業務というワケ。

ほら、不動産投資に何の関係もないでしょ?

この資格を持っていると「取引が有利に働く」といわれますが、ぼくは全くそう思いません。

ペーパー宅建保持者よりも、ガンガン物件見学している無資格者の方がずっと現場に慣れていますから。

 

資格その2:FP(ファイナンシャルプランナー)

個人や中小企業の資産運用の相談にのってくれるのがFPですね。

  • ライフプランの立て方や考え方
  • 住宅ローンや保険の見直し
  • 家計収支の見直し

イメージとしては、こんな相談をしたい時に力になってくれるのでしょう。

ただ、商売経験のない経営コンサルほど胡散臭いものはないことと同じで、不動産投資の経験のないFPから有益なアドバイスをもらえるとは到底思えません。

ひろき
そんな暇があったら先輩大家さんの話聞きたいぜ。

「不動産投資の経験があるFP保持者」のアドバイスなら、ぜひ聞いてみたいところですけどね。

 

資格その3:ホームインスペクター

ちょっと最近熱いのがこの資格です。

そもそも、ホームインスペクションとは住宅診断のことで、不動産業者でも売主でもない第三者が住宅の欠陥や修繕費に関するアドバイスをする専門業務なんですよね。

ぼくが日々探しまくってる物件も「ボロい戸建」ばかりなので、雨漏りの根本原因や耐震強度を調査してくれる存在はとても心強いです。

物件を仕入れる投資家として、こんなメリットが挙げられます。

  1. 住宅に問題がないか専門家がチェックすることで、安心して物件を購入できる。
  2. 「欠陥住宅」をつかむリスクを避けられる。
  3. 住宅の修繕について、売主側にも根拠を持って知らせることができる。
  4. 中立な立場で公正な診断を行うので、売主側との関係を損ねにくい。
  5. 報告書を住宅の資産価値を保つための「家の履歴書」として残すことができる。

ぼくはギリ電球の交換ができる程度のDIYスキルしかないので、ぜひチームに優秀なホームインスペクターを引き入れたいところ。

ひろき
依頼すると、2〜3時間の所要時間で10万程度かかるらしいです。

 

知識は書籍やセミナーで十分

不動産投資をする目的が「家賃収入を得ること」なら、資格よりもずっと効率的な勉強方法があります。

まず第一におさえたいのが書籍。

不動産投資の本は、目的が「家賃収入を得ること」なので、資格の教科書のように本質がズレません。

サッカーでシュート力をつけるために「サッカーの歴史」について学ぶのは本質的じゃないですよね。

最短で家賃収入を得たいのであれば、そのために必要な知識をピンポイントで手に入れることが大切です。

 

ぼく自身、これらの本に書かれている程度の知識さえあれば家賃収入を得るのに十分でした。

不動産投資本を70冊以上読んだ私がおすすめする超入門書ベスト5

2016.12.01

 

第二に行っておきたいのがセミナー。

本や教科書の圧倒的な弱点は「対人コミュニケーションが全くない」ことです。

変な物件をつかまされないためには「業者との会話に慣れて投資仲間をつくる」ことが死ぬほど大切。

そのために最良の方法は、セミナーへ足を運んで実際に対人コミュニケーションを図ることなのです。

おそらくあなたのすぐ近くで不動産投資をしようとする人はいないはずなので、モチベーションを保つためにも情報交換ができる同志を作りましょう。

セミナーに参加するメリットをまとめるとこんな感じ。

  • 不動産投資仲間ができる
  • 講師にいろいろ質問できる
  • 不動産業者に慣れる練習ができる
  • 不動産業者の営業トークがわかる

最後の2つは少しいやらしいですが、机上で資格の勉強をするよりもずっと大切なことです。

(ホームズ君でおなじみの「LIFULL HOME’Sセミナー検索」を使うと、エリアや内容で絞り込み検索できます。)

 

「忙しくてセミナーに行けない!」という人は、その前段階としてすべきことがあります。

それは、あらゆる不動産業者から資料を取り寄せてリサーチすること。

当たり前ですが、資格の教科書には「特定の業者に関する情報」なんて一切載っていません。

結局のところ不動産業者と関わらずに物件を手に入れることは不可能なので、業者慣れの一環として気になったモノはどんどん取り寄せましょう。

最近は無料でDVDや書籍までついてくるので、勉強初期にはかなりオイシイ材料です。

無料で資料がもらえる業者一覧

特典は業者や時期によってかなり変動するので、どんな特典がもらえるか各サイトでチェックしてみてください。

ひとつの業者としかコンタクトを取らないのは絶対NGなので、必ず複数の業者とつながりを作って比較しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ぼくの経験上「頭は良いけど一歩踏み出せない人」ほど、資格に逃げる傾向にあります。

資格を取るくらいなら、書籍やセミナーで不動産投資に必要な知識だけをインプットしましょう。

資格の教科書に投資のことなんて1ページも書いてないですからね。

不動産投資をする目的はあくまで「家賃収入を得ること」という点をお忘れなく!

初心者が知るべき知識は「【保存版】不動産投資で経験ゼロから1軒目を買うまでの最強の教科書」にすべてまとめましたので、どこから勉強したらいいかわからない人は参考にしてくださいね。

ではではー!

The following two tabs change content below.

中村ひろき


32歳/週4サラリーマン。ハーレーに乗りながら名古屋と長野で二拠点生活してます!不動産投資の経験ゼロの方が1軒目を買うまでのノウハウを発信中。岐阜と長野に計2軒の中古戸建を所有しています。『中村ひろき公式ブログ』も運営中!

2 件のコメント

  • 凄く共感します。
    今後とも何卒よろしくお願いします。

  • コメントありがとうございます!こちらこそ読んでいただき嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人


    32歳/週4サラリーマン。ハーレーに乗りながら名古屋と長野で二拠点生活してます!不動産投資の経験ゼロの方が1軒目を買うまでのノウハウを発信中。岐阜と長野に計2軒の中古戸建を所有しています。『中村ひろき公式ブログ』も運営中!