不動産投資の初心者が1年以内に優良物件を買うために必要な3つのポイント

こんにちは。草食系大家の中村ひろきです!

ぼくが不動産投資を始めたばかりの人達と交流していると、

初心者
2年前から不動産投資の勉強を始めたけど、未だに物件が買えません・・・。

こーんな悩みをもった人が意外に多いことがわかりました。

というわけで、今回は「不動産投資の勉強を始めたばかりの初心者が、どうすれば1年以内に物件を買えるか?」をテーマにお送りしていきたいと思います!

 

不動産投資の初心者が1年以内に物件を買うコツ

ぼくは不動産投資の勉強を始めてちょうど1年経つ頃に1軒目の物件を買うことができました。

280万の中古戸建ですが、特にトラブルもなく順調に月々55,000円の家賃が口座に入金されています。

今思えば、よく金も人脈も無い状態でこのような物件に出会えたなぁと、我ながら感心しちゃいます。

そこで、物件を買うまでの1年間ぼくがどんなふうに過ごしてきたのか。

殺人級に悪い記憶力をたどって、注意していたことをまとめてみようと思います。

 

1.不動産投資の初心者は「まず勉強する」こと。

不動産投資を失敗する人のほとんどは「勉強不足」です。

医者や弁護士などの高属性の人に限って、営業マンに言われるがままにクソ物件をつかまされてしまう。

そうならないためには、必要最低限の知識はつける必要があります。ここをすっとばすのはNG。

最速で物件がほしい気持ちをおさえて、不動産業者とフツーに会話ができるようになりましょう。

業者の言いなりにならないために、最低限の勉強をしよう。

 

2.不動産投資の初心者は「インプット過多」に陥らないこと。

不動産投資の初心者には、もともと数字に強くシミュレーション能力に長けるタイプの人がいます。

そういう人は、難しい計算式や専門用語は知っているけども、いつまで経っても物件が買えない症候群に陥りがち。

その理由は、難しい理論や計算の勉強には終わりがないからです。

ひろき
物件の欠点を探して購入を見送ることなんて、誰でもできるんだよ。

 

それよりも、物件の欠点を克服して利益を生み出すことにフォーカスできる不動産投資家のほうがよっぽど優秀です。

実際に、ぼくはせいぜい実質利回りを厳しめに計算したくらいで、それ以外の計算式は一切使っていません。

日本経済新聞やBIG TOMORROWを定期購読しないと知識不足なんてこともありません。

宅建やFPの資格がないと物件が買えないということもありません。

それよりも大事なことは、実際に物件を見に行ったり、業者に問い合わせるなどの「アウトプット作業」を増やすことです。

そして、アウトプットをするからこそ、次にすべきインプットの課題が見つかるのです。

「難しい計算式は知っているのに、3年経っても所有物件ゼロ」という頭でっかちには絶対なってはいけません。

アウトプットは最大のインプットなり。

 

3.不動産投資の初心者は「小さな失敗を繰り返す」こと。

過去の記事でもお話ししましたが、不動産投資に大切なのは「取り返しのつく失敗で経験値を稼ぐこと」です。

不動産投資における失敗の本質はたったの3つしかないという事実。

2017.05.03

勉強もせず、営業マンに言われるままにクソ物件を買うのは問題外ですが、取り返しのつく失敗はドンドン不動産投資家スキルをアップさせてくれます。

ぼくも過去にやらかした失敗からたくさんのことを学びました。

  • 下見の回数は最小限で済むようにチェックリストを作っておく。
  • 下見が終わったらローカルな業者でヒアリングする。
  • 物件を選ぶ前に融資先をある程度見定めておく。
  • リフォームは大手に頼むメリットがない。
  • 購入後は物件現地へ行く頻度を最小限に減らす。

ポイントは、ぼくがやらかした失敗が取り返しのつかない失敗ではないこと。

そのためにも、不動産投資の初心者は「地道に勉強して」「小さな失敗を繰り返す」ことが大切。

机の上で本を開くことのデメリットは、失敗ができないことなんですよ。

取り返しのつく失敗をたくさんしよう。

 

不動産投資の初心者におすすめの勉強方法は?

不動産投資の初心者がまず最速でやるべきことは「多方面から情報を収集すること」です。

たった1軒だけ物件を買うとしても、

  • 買主(自分)
  • 売主
  • 司法書士
  • ライバル投資家
  • 不動産売買業者
  • 不動産仲介業者
  • リフォーム業者

など、たくさんの業者と接する機会があります。

それぞれの業者がどう関わっているか知るためには、多方面から情報を収集することが最良の勉強法です。

まずは、書籍で最低限の知識を得ること。

1,500円前後で著者の経験を吸収できる書籍は、コスパ最強のインプットツールです。

ぼくが今までに読んだオススメ本はこちらを参考にしてください。

不動産投資本を60冊以上読んだ私がおすすめする超入門書ベスト5

2016.12.01

 

そして、いろんなセミナーに参加すること。

講師に直接質問できたり、不動産投資仲間ができたり、セミナーにしかないメリットはたくさんあります。

仕事が忙しくてセミナーに行くのが難しければ、不動産業者から無料でもらえる資料を集めてみること。

一棟モノに強い業者はアイケンジャパンプロパティエージェント 、区分マンションならRenosy(リノシー)が資料を配布中。

DVDや書籍がもらえるのはモチロンですが、業者によって違う「実績」「入居率」などを比較するための必須ツールです。

 

これらをフル活用して2〜3ヶ月で集中的に情報収集して、あとは物件を下見しまくる。

コレこそが、不動産投資を始めたばかりの初心者が1年以内に物件を買う最速ルートです。

 

まとめ

不動産投資って、とにかく参入障壁が高いですよね。

ブログとかメルカリみたいに「とりあえずやってみっか!」という軽い感じで始められない。

でもね、ぼくは不動産投資のそこが好きなんですよ。

ある程度の知識や勇気がないと「最初の1軒目を所有する」というステージにすら立てない。

そのハードルの高さがなんかカッコイイじゃないですか。

副業をするからいって「誰でも取れる資格」なんて取っても、無数にライバルがいるのなんてぼくは耐えられません。

ひろき
不動産投資の「選ばれた者」感かっけぇぇぇええええ!!!!

そいではまたー!

どんな物件を買えばいいか決まってない方はこちらもどうぞ。

不動産投資の代表的な3つの物件タイプを徹底解説するよ!

2016.12.06
The following two tabs change content below.

中村ひろき


草食系大家としてゆるゆると家賃収入を稼ぎながら、離島などの秘境へ出張治療しています。「好きも嫌いも我慢しないライフスタイル」をモットーに、大好きな戸建て投資で遊び倒します。
個人ブログ『TraveLife』も運営中!

名古屋生まれ那覇育ち。

6 件のコメント

  • こんにちは。
    格安の空き家物件を購入してリノベーションして住めないかなぁと思って色々検索していて辿り着きました。不動産投資は怖い印象がありましたが、ブログを読んで興味が湧きました^ ^小さいお金でも始められるのが魅力的ですね。勉強すれば怖くないのも魅力的です。

    • なるほど!ご自分で住まれるために空き家物件を購入しようとなさっているんですね。「放射能」「食品添加物」など、ニンゲンは目に見えないものを恐怖に感じるんですよね。
      不動産投資は、勉強すればするほど「間取り図」「物件情報」などを見る解像度が上がってきますから、ドンドン楽しくなってきますよ〜( ´ ▽ ` )ノ

      • 返信ありがとうございます^ ^
        お部屋探すの好きです。でも知らないことばかりですが。。。
        中村さんのブログとっても面白いです!
        サークルもやられてるんですよね??
        まだまだ興味持ったばかりの初心者ですが、もしよろしければ仲間に入れて欲しいです^ ^

        • おおーありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
          草食系大家サークルは随時募集していないので、次回募集をお待ちください〜〜!!
          興味持ってくださってとても嬉しいです◎

          • いまは募集されていないのですね(^-^;残念です。
            興味が湧いたので、中村さんオススメの本を購入してみました。
            次回の募集のときまでに勉強しておきますね。
            またお邪魔させていただきます^ ^

          • また次回募集時にお会いできるの楽しみにしていますよ〜( ´ ▽ ` )ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    草食系大家としてゆるゆると家賃収入を稼ぎながら、離島などの秘境へ出張治療しています。「好きも嫌いも我慢しないライフスタイル」をモットーに、大好きな戸建て投資で遊び倒します。
    個人ブログ『TraveLife』も運営中!

    名古屋生まれ那覇育ち。